ドキュメントの色使いと心配り


いつからドキュメントをフルカラーで印刷するようになったのでしょうか。このことについて最近ふと気になっています。というのも、カラーで印刷しなければ情報が伝わらないドキュメントってイケてないよなぁと感じるようになったからです。それは何も色覚異常の方に対する配慮とかそういった論点では必ずしもなく、ドキュメントをカラー化することによって何か自分自身が手を抜いているのではないかという類の疑問です。

もっとも私が社会に出たばかりの頃は、ドキュメントをカラーで印刷するということはほとんどなく、オフィスにもレーザーカラープリンタはまず置いてありませんでした。良くてインクジェットのカラープリンタが置いてある程度でしたが、それでもペコッペコッと1ページを何分もかけて印刷するような始末で、余程営業用途で得意先に渡す資料を厳選してでないと間に合わないような状態でした。

それが数年後あるクライアント先で、私の在任中にレーザーカラープリンタが導入され、20~30代の若い社員たちが多い職場だったせいもあるかも知れませんが、こぞってドキュメントで豊富に色を使ってはカラー印刷を行っていました。しかし、ご存じの方も多いと思いますが、カラー印刷はモノクロ印刷と比べると単価が高いのです。たちまちその会社から、カラー印刷は営業用途に限るように通達がなされました。当時は納得がいかない思いもありましたが、企業としては当然の判断ですよね。

話を戻して、カラーで印刷しなければ情報が伝わらないドキュメントの欠点は何かということについて考えてみると、印刷する人にカラー印刷を強いるという点。そうでなくても、モノクロ印刷をすると情報が劣化するという点。そして、それを補おうとするとドキュメントを修正しなければならないという点です。印刷したものを配布する場合にはじぶんでカラー印刷してから渡せばよいのであまり問題になりませんが、電子データを配布する場合は、それが印刷する可能性があるのであれば考慮しなければならないポイントだと思います。

何故私がこんなことに疑問を持ち始めたか。それは、モノクロ印刷したドキュメントを提示されて、「ここは本当は色分けしてあるのだが」といった説明を何度となく受けてきたからです。提示される立場としては、色が情報を持つならカラー印刷して提示すべきだし、カラープリンタが無い、あるいはカラー印刷を制限されているのなら色に意味を持たせないような資料の作り方をすべきだと思ったからです。私は先に述べた理由で後者の方が好感を抱きます。

今後ドキュメントを作成する時はそういった点を意識しようと思っていますが、もちろん全てのドキュメントがそうであるべきだというつもりはなく、用途や目的に応じて使い分けて良いのです。作成するドキュメントがどういう使われ方をするか、誰の手に渡るのか、いつまで使われるのかといった点も、ドキュメントの色使いを決める上での判断ポイントになるのではないでしょうか。



ここでお知らせです。

25~35歳くらいの現場リーダーを対象に、
「理解されやすい業務フロー」を作るワークショップを開催します。
業務フローは業務の見える化には欠かせない基礎的な図式で、
これが書ける・読めるようになると
現場の業務改善・業務改革に役立ちます。

是非若いうちに身に着けておきませんか。

詳細・お申込みはこちらのopnlab社のサイトにて。


Leave a Reply

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)