起業の失敗は恥ずかしい事なのか


ITコーディネータの吉田聖書よしだみふみです。

起業は誰でもできることなのでしょうか。
あるいは限られた人にしかできないことなのでしょうか。

前回、独立して働く働き方について書いたところ
予想外の反響がありました。
「独立して働く」ということに対する
関心の高さが伺えます。

昨今は早期退職制度や役職定年制度などの拡がりによって
独立して働くことに関心を持っている方が多いように思います。

一方で、いざ自分が独立しようと思うと
尻込みする方もそれなりにいらっしゃいます。

以前相談を受けた方は、
そこそこ大きな企業に勤めていらっしゃいましたが、
起業したいとは言うものの決断できずにいました。
(最終的に独立したという便りは届いていません)

frog_in_pond

尻込みする理由は、
そもそも起業したとして成功するのか、
あるいは失敗したらどうしよう
という不安が大きいのだろうと思われます。

失敗と言っても、
何を失敗とするかは人それぞれだと思いますが、
飲食店経営のように多額の初期投資を伴うのでない限り、
プロフェッショナルとして独立することに
実はそれほど大きなリスクはありません。

ただ、会社員時代とは色々な意味で勝手が違うので
それが合うのか合わないのかというところで
やっていけるのかどうかが分かれます。

やっていける人はそれで問題ないと思いますが、
やっていけないと判断した人はどうするか。

ひとつは試行錯誤して何とか必死でものにする方法。
もうひとつは潔く会社員に戻る方法があります。
会社員に戻るなんて格好悪い
という意見もあるかも知れませんが
やってみて合わなかったという判断を下したのですから
格好を気にしている場合ではないと思います。

実際、開業したというので名刺交換をし
気が付いたら廃業して会社員に戻ったという人もいます。
(会社員に戻りますという挨拶をくださった方もいます)

誘われて、あるいはヘッドハンティングされて
とある会社に雇用され会社員となったが、
そこを辞めて再び独立したという方もいます。

要は様々な生き様があるわけで、
どれが正しいとか、どれが成功とか
そういう面での評判を気にしていてもしょうがなく、
少なくともプロフェッショナルとして仕事をする限りは
会社員であろうが独立して仕事をしようが
自分のパフォーマンスを最大化できる環境に
身を置くことが重要なのではないかと考えています。

そう考えれば、
独立してみたがどうも合わなくて
会社員に戻ったというのは
別に恥ずかしい事でもなんでもなく、
自分の価値を高める英断をしたと見ることができます。

プロフェッショナルとして
独立・開業を検討している方は
あまり躊躇せずにチャレンジすることをお奨めします。
結果的にうまくいかなかったとして、
そこから得られるものは少なくないからです。

逆に、それでも
失敗したら恥ずかしいと考え躊躇するのであれば、
おそらく起業は向いていないと考えられるので
悩むのはやめて今まで通りの仕事を続けた方が良いでしょう。


Comments are closed.