<サービス紹介> 情報システムの健康増進に「かかりつけ!ITドクター™」


今年最初の記事で、自社のビジネスを整理したという話を書きました。

  1. ソフプロ™
  2. プロマネの右腕™
  3. かかりつけ!ITドクター™
  4. オンデマンドCIO™

前回は「プロマネの右腕™」という外部PMOサービスをご紹介しました。今回ご紹介するのは「かかりつけ!ITドクター™」です。これは外部の立場でITサービスマネジメントを支援するサービスです。100~1000人規模の企業において社内/社外向けの情報システムを所有し、自社でITサービスの提供と運用管理を行っている部門を主な対象としています。ITサービスというのは一種の用語で、言い換えれば社内外向けの情報システムのことですが、従来のように単なる間接業務と見るのではなくサービスとみなして自社のビジネスを牽引する仕組みと捉えていただければ良いと思います。ITサービスを上手く回す事をITサービスマネジメント(ITSM)、その仕組みの事をITサービスマネジメントシステム(ITSMS)と呼びます。

ITサービスを運営していると、サービス開始直後はスムーズな運営ができていても、利用者が増えるにつれてシステム利用についての質問やトラブルについての問合せ、改善要望などのコンタクトが増えてきます。最初のうちはひとつひとつのコンタクトに対して丁寧に応対できていたとしても、数が増えてくればレスポンスが遅れたり漏れたりといった不手際が発生することがあります。そういうことが頻発すれば利用者からの信用を失うことになりかねません。逆に、コンタクトの傾向を分析したり、業務全体のボトルネックを分析したりして、役割やフローなどを見直し、改善要望に継続的に対応し、問合せ等の数が多くても漏れなく対応できる仕組みを作ることができれば、利用者からの信頼につながるだけでなく、ビジネスへの貢献度も大きくなっていくのではないでしょうか。

また、コンタクトの増加とも関連しますが、利用率が上がるにつれて大小問わずトラブルが発生するようになってきます。ただ闇雲に対処しても根本的な解決に至らなければまた新たなトラブルが発生しますし、利用者が多ければ類似のトラブルも多くなりますから、次々と対応が後手に回ることになります。そうなると毎日がトラブル対応で追われて本来の業務に支障が出るということにもなりかねません。予定外の残業や休日出勤などで貴重なプライベートの時間が潰れますし、会社にとっても残業代などのコストが増えることになってしまいます。トラブル対応は気の滅入ることですが、別の見方をすればサービスが利用されている証左でもありますので、ロジカルに分析して根本原因を突き止めると共に、次はどのようなトラブルが発生しうるかということを想定して手を打っていきたいものです。

これはITサービスに限った話ではないのですが、個人的な実感として、ごく一般的な組織ではトラブルの未然防止よりもトラブル発生時の対処の方に力点が置かれている気がしています。それはつまりトラブルにスマートに対応した場合に高く評価され、そもそもトラブルが起こらないようにしているという取組みは評価されないということを意味しています。実際に携わっている方はよく分かっておられると思いますが、システムは利用者から見れば安定稼働して当たり前だと思われており、安定稼働に対する活動は外部から見ないだけに、それが評価されにくいのではないでしょうか。電気・ガス・水道などの社会インフラとその点は似ていますね。決してトラブル発生後の対応を軽視して良いということではありませんが、本当に取り組むべきなのは火災に喩えると消火よりも防火です。消火のノウハウと共に防火のノウハウを蓄積していくことで、毎日のシステム維持管理をスマートなものにすることができます。

最後に、「かかりつけ医」とは、身近にいていつでも病気の相談ができ、丁寧かつ正確に症状や対処法を説明してくれ、必要な時には適切な医療機関を紹介してくれるという役割を持った地域のお医者さんのことです。「かかりつけ!ITドクター™」はITサービスにおける「かかりつけ医」として、情報システムの維持管理を含めたITサービス運営についての様々なご相談に応じます。また、対策検討のメンバーとして参画するなどITサービスマネジメントの支援を行う他、必要に応じて高度な専門家をご紹介いたします。そして医療の世界と同様に、自分の力で自分の健康を維持できる(つまりトラブルが発生したとしても自分たちのペースで管理していける)強い組織作りを目指しています。

「かかりつけ!ITドクター™」の詳細はこちら
http://www.crossidea.co.jp/services/it-doctor.html


<サービス紹介> プロジェクトを外部から支援する「プロマネの右腕™」


新年最初の記事で、自社のビジネスを整理したという話を書きました。

  1. ソフプロ™
  2. プロマネの右腕™
  3. かかりつけ!ITドクター™
  4. オンデマンドCIO™

前回は「ソフプロ™」というソフトウェア・プロトタイピングのサービスをご紹介しました。今回ご紹介するのは「プロマネの右腕™」というプロジェクトマネジメントを外部からサポートする…つまり、円滑にプロジェクトマネジメントが行えるようにプロジェクトマネージャを支援するサービスです。プロジェクトの規模は中心メンバーが10人程度、期間は1年程度のものを主な対象としていますが、それより大きくても小さくても対応は可能です。

プロジェクトをきちんと進めていくには、例えば最初に全体の計画を立て、工程ごとのプロセスや各種フォーマットなどの規準・標準類を定義しなければなりませんし、運営していく中で必要があればそれらを改善していかなければなりません。社内でそういった教育をきちんと受けておられる方は問題ないと思いますが、もしそのような教育を受けていない場合はいったいどうすれば良いのでしょうか。プロジェクトマネージャをされている方の多くはPMPなどの資格を保有していると思いますが、「プロマネの右腕™」では、こうした座学ではなかなか身に付かないプロジェクトマネジメントのスキルをOJTを通して学んでいただきながら、実際にプロジェクトを回していただくことを目指します。

私はこれまでプロジェクトマネジメントの現場で、やらなきゃいけないということは理解しているのに他の業務に忙しすぎてプロジェクト運営に手が回らないというケースを多く見てきました。良いか悪いかは別として、今はプレイングマネージャが当たり前とされている時代です。日々のタスク(定常業務)をこなしながらプロジェクトの運営を求められている方も多いと思います。プロジェクト成功のカギはプロジェクトマネージャがプロジェクトマネージャとしての役割・機能を果たすことです。「プロマネの右腕™」ではタスクの進め方や管理手法について助言・相談をしながら、プロジェクトマネージャ本来の機能を取り戻しプロジェクト全体がスムーズに回るようにしたいのです。

プロジェクトには課題がつきものですが、課題を解決していくには様々な視点からの検討や判断が有効です。社内のしがらみが多く選択肢が限られ的確な策が打てないというケースも見てきました。外部の視点を取り入れることで、まず打ち手(解決策)のバリエーションが拡がります。また、異なる視点で見るということは思い込みを排除することにつながります。様々な可能性の中で思い切った手を打ち、そして一番重要なのが最適なタイミングで手を打つということ。これを実現するためにも外部メンバーの登用は有効です。「プロマネの右腕™」はまさにプロジェクトマネージャの右腕としてプロジェクトの課題解決、意思決定をサポートいたします。

尚、外部からではなく内部に入り込んでプロジェクトマネジメントを請負うのは「右腕」ではなくプロマネそのものですね。その場合は当サービスの範疇を超えてはいますが対応は可能です。どんな役割を必要とされているかによって当社としてどんなお手伝いができるかをご一緒に考えていきましょう。

「プロマネの右腕™」の詳細はこちら
http://www.crossidea.co.jp/services/right-hand-pmo.html


<サービス紹介> アイデアを気軽に試せる「ソフプロ™」


前回、新年最初の記事で、自社のビジネスを整理したという話を書きました。それらは最終的に以下のようになりました。

  1. ソフプロ™
  2. プロマネの右腕™
  3. かかりつけ!ITドクター™
  4. オンデマンドCIO™

本当はその記事に続けて、それら一つ一つについての紹介記事を書こうと思っていたらあっという間に1月が終わってしまいました。気を取り直して、改めて詳しく取り上げていきたいと思います。

今回最初にご紹介する「ソフプロ™」はソフトウェア・プロトタイピングを略して呼んだ造語です。ITサービスの主にユーザインタフェース(UI)となるソフトウェアのプロトタイプを実際に触れて体験することで、プロダクト(実際のITサービス)のイメージを鮮明にしてもらい、その後の投資判断などのアクションにつなげてもらおうというサービスです。プロトタイピングとは、主に製造業において、開発中の新製品を量産化する前に試作品を製造して設計等の妥当性を評価する過程のことを指しますが、その考え方をソフトウェア領域に応用したものがソフトウェア・プロトタイピングです。

新事業・新サービスを始めるに当たっては不確定要素(それがリスクとなるのですが)が多く、ビジネスモデルや運用イメージが固まっていないのが普通です。ですので、最初に要件を確定させて工程ごとに承認を得ながら進めていく従来の(ウォーターフォール型のような)直線的な開発手法とは相性が良くありません。見積・発注段階で要件が固まっていなければ、完成してから、あるいは完成間近になってから要件を追加・変更することになり、やり直す分だけコストはかさみ期日は延伸することになるからです。

新しいビジネスを思いついた場合もそうですが、例えばもしあなたが経営幹部で社内から新サービスの企画が上がってきたという場合、その企画にGoを出すかどうかどうやって判断しますか。オーソドックスなソフトウェア開発というと、実際に発注するまでは資料ベースでの提案・検討が主流です。もし、発案者のプレゼンテーションを踏まえて投資を決定し、実際にソフトウェアの完成品を手に入れてからこのアイデアがダメだ(=ビジネスとしての見込みがない)と分かっても、一度投資したアイデアを捨てることには心理的な抵抗があり、さらにズルズルと無駄な投資を続けてしまうことになりかねません。

「ソフプロ™」では、実際に動かしてみることができるプロトタイプ(試作品)を構築しますので、資料だけよりも新サービスのイメージが明確になり、本格的な投資をする前に試行錯誤してアイデアを練ることができます。また、プロトタイプの提供頻度や打合せの時間・形式等に応じて事前に月額料金を設定し、要件の追加・変更に対する料金はかかないような料金体系としています。料金が月単位でかかることになるので、仮にプロトタイピングを経ることによって「このアイデアには投資しない」という判断ができれば、その効果は大きなものとなります。

投資をすると決めた場合も、プロトタイピングによってリスクは洗い出され、アイデアはかなり洗練されていますから、自信をもって開発に投資することが出来ます。また、投資した以上はビジネスとして成長させ、相応のリターンを得たいものですよね。そういった開発面・運営面でのご相談は「ソフプロ™」の範囲外なのですが、残りのサービスメニューによってそれらをカバーしています。

「ソフプロ™」の詳細はこちら
http://www.crossidea.co.jp/services/software-prototype.html