「長良川おんぱく」に学ぶビジネスの作り方


先週の三連休は、いつもお世話になっているITコミュニティ「JSDG」の全国大会が「岐阜から発信するITと仲間づくり」というテーマで開催され、私も会員として参加してきました。研修のアジェンダは以下の通りです。

  • 基調講演「岐阜長良川のほとりから発信しつづけてきたこと」NPO法人ORGAN代表 蒲勇介さん
  • 会員講演「全国の鵜飼事業に見る地域活性化のアプローチ」JSDG会員・森松さん(ゲスト:結の舟代表 平工顕太郎さん)
  • 招待講演1「インターネットと音楽」プレスサポート・NEW VINTAGE RECORDS代表 小島眞さん
  • 招待講演2「意外と稼げるロンドン地下鉄バスキング」ギタリスト 土門秀明さん

大会ロゴ(右)と鵜飼の切り絵

会場に飾られた切り絵も素敵でした


会自体はオープンな組織であるものの、研修会の内容によっては他言無用を参加条件とするケースもあります。今回の全国大会もそれに該当するものでしたが、基調講演だけは実際にUstreamでも中継されましたし、そこだけはオープンにして良いという幹事の許可も頂ましたので、ここに総括してみたいと思います。

まず今大会全体を通しての感想ですが、一応のテーマは掲げられているものの、それとは別にどの講演についても聴きながら「これってビジネスを生み出すプロセスだよなぁ」と感じました。基調講演では「長良川おんぱく」をコーディネートしているNPO法人ORGAN代表・蒲さんが「おんぱく」に辿り着くまでの試行錯誤についてお話ししてくださいました。

実は、他の講演も「ビジネスが軌道に乗るまでの試行錯誤」という要素が含まれており、参考になっただけでなくたいへん励まされ勇気付けられました。

私がこのように独立して会社をやっていると「不安はないんですか?」と訊かれることがよくあります。ビジネスを始める多くの不安は恐らく「失敗したらどうしよう」というもので、特に新しいことを始めようとした場合には、うまく行くかどうかも分からないアイデアに投資だとしても大金をつぎ込むのは全てを失う可能性を考えると勇気がいるものです。

そこで、そのリスクをいかに減らすかということが主要な課題になりますが、ある書籍によると既存の主要な事業を行いつつ全体の10%程度の資源を新規事業に投下するというのが良いようですが、その「ちょっとだけ試せる」という場が失敗のリスクを減らしつつ新しい取り組みに挑戦するための環境として必要とされています。それこそチャレンジしたい人が気軽にチャレンジできる場。「長良川おんぱく」もそんなビジネスインフラの一つとして企画・運営されています。

当社でも2年前にITサービスのプロトタイピングを行うサービスをトライアルで実施しました。ITサービスは一般的に他の産業と比べると初期投資が少ない業種と言われていますが、それでもシステムを構築するにはそれなりの投資が必要となってきます。特に新しいサービスというのはアイデア段階でベンダーに話を持っていってしまうと、(ベンダーに要件定義が出来る人がいればよいですが、そうでない場合は)要件定義に時間とお金がかかった上に、出来上がったシステムが使い物にならないという悲劇は良く耳に入ってきます。

そこで、当社がお客さまのアイデアをプロトタイピングによってより鮮明にすることで、委託されたベンダーにとっても本業の開発以外のところでリソースを投下する必要がなくなり、結果的にコストも下がって委託側も嬉しいという状況が生まれるのです。プロトタイピングはコンサルティングの一環としてオンライン/オフラインの打合せを繰り返しながらアイデアを施策に盛り込むというサイクルで進めていきます。最終的には開発ベンダーにつなぎますが、あるいはプロトタイピングを経た結果として投資をしないという判断もあるでしょう。このサービスも「ちょっとだけ試せる」場として、また意思決定のツールとして利用していただければ光栄です。

長良川おんぱく
http://nagaragawa.onpaku.asia/

NPO法人ORGAN
http://www.organ.jp/

夜は参加者や講演者の皆さんと共に鵜飼を楽しみました。結の舟代表の平工さんだけはお仕事の都合で帰られましたが、今年もご挨拶できてよかったです。ますますのご活躍を!

結の舟
http://yuinofune.com/

ビジネスモデルキャンバスの威力を体験してきました


今日はITコーディネータの実務研修に参加してきました。テーマは「提案営業のための『戦略的IT経営』実践術」ということで、ビジネスモデルキャンバスが中心の演習でした。講師は熊本を中心に活躍しておられるITコーディネータの先輩・アイティ経営研究所代表の中尾克代さん。普段からビジネスモデルキャンバスを活用したコンサルティングを行っているそうです。

ビジネスモデルキャンバスというのは名前の通りビジネスモデルを書き出すフレームワークで、ビジネスモデルの現状を把握したり変革を起こすためのツールの一つです。「ビジネスモデルキャンバス」という言葉は数年前に耳にしたことがあったのですが、ブームに乗れなかったというか正直なところ「本当に効果があるのかな?」とずっと懐疑的な態度でいました。ツールについての詳細はネットの記事や書籍等に譲りますが、今回の演習を通して感じたことをお伝えしたいと思います。

演習は参加者同士で相互にヒアリングし、ビジネスモデルキャンバスに落とし込んでいくというもの。私も相手にヒアリングしてビジネスモデルキャンバスを作成しましたが、逆に私もヒアリングされて私のビジネスモデルを整理していただきました。このツールは9つの要素で構成され、それぞれを質問して埋めていきます。質問に対する回答がちょっとポイントがずれてしまったり書き出す時の表現が難しいと感じた個所もあります。どんなツールもそうですが、思い通りに使えるようになるためにはそれなりに練習が必要ですね。

このツールの良いところは何と言ってもシンプルな点。商品やサービスの本質をズバリ表現することができます。トヨタ式のA3用紙1枚に通じるところがありますね。1枚の用紙に整理すると全体を一瞬で見渡すことができ、書き出した内容に違和感があればすぐにわかります。私もヒアリングを受けながら、ああかな?こうかな?と、出来るだけ端的に答えるようにしていましたが、インタビュアからの鋭い質問を受けて思わずウ~ンと唸ってしまう場面もありました。

次に、自分のビジネスモデルキャンバスをベースに課題を抽出するという演習を行ったのですが、演習用のシナリオが用意されていなかったため参加者のリアルな課題を共有することが出来ました。私の場合も課題だと思っていたことが真の課題ではなく、実は別に課題があったという発見もあり、まさにツールの効果を実感したところです。ビジネスモデルキャンバスは、顧客(相手)の現状を把握して課題を抽出し、新しい戦略を描いていくという目的だけではなく、自分自身のビジネスを振り返る目的にも使えるということが分かりました。そういう意味では今回の研修が、これまで受講したITコーディネータのどの研修よりも有意義でした。


アイティ経営研究所
http://www.itbizlab.jp/

メモを取る資質


最近Facebookで流れてきた記事にインスピレーションを受けて、私の思うところを書いてみたいと思います。

(元の記事はこちら)
先輩の「メモを取れ」は絶対的に正しいアドバイス。

「メモを取ること」の是非は色々と言われていますが、私もステップアップしたいのであればメモを取るべきと思っています。もちろん、この記事のように何の目的でメモを取るのかが明確でなければ余り意味のない作業になってしまいますので、何をするにも目的意識を持つことは大事かなと思います。例えば、私が一番無駄なメモだと思うのは、何かを見れば書いてあることなのに、人が説明していることをひたすら書くというものではないでしょうか。そういう事柄は書いてある方を見れば済むので自分では書かない。

むしろ、どこにも書いていないこと…特に話している相手や、話を受け止めた自分自身の思考のプロセスを書くことは後でふりかえった時に役立つと思います。そこに後で自分が考えたことを付け足したり整理して、より思考を発展させ、新しい施策・取組みのアイデアの源泉にしています。メモが有れば、一旦思考を中断しても、またそこから再開することが容易にできます。メモが無ければどこまで考えたっけという「巻き戻し」をしなければならず、これでは時間がいくらあっても足りません。

メモの取り方もそれが打合せ(会議)なのか講演なのかによっても多少変わってきますが、基本は同じです。会議の場合は直近の課題について話し合われることが多いので、メモの内容がすぐに活かせる場合が多いでしょうが、講演の場合はもっと一般的な内容になってしまうためふりかえる機会は少ないかもしれません。しかし、そうやって思考の種を書き記し、時々読み返すことで思わぬひらめきが浮かんでくることだってあります。もしメモが無ければこのようなことは起こりません。

メモを取るということは漫然と行っている限りはとても面倒くさく感じられるものです。そこで、メモを取る目的を自分なりにはっきりさせ、何をメモし何をメモしないかをはっきりさせる。あとは習うより慣れろで、時々ふりかえりながら、どうすればより効果的なメモになるかを考えながら実践していくことが大切なのではないかと考えています。

余談ですが、最近ではペーパーレスの時代のためか、ノートの代わりにパソコンを打合せや講演に持参し、キーボードを打ってメモを取る人も見かけますが、私はノートにペンで書く方が好きです。それは、ノートの方がより自分の思考が素早く反映されるからです。もっとも、最近ではPCが搭載されたペンタブレット(専用のペンでメモを取れる)というものも登場してきているので、今後はそういった手段もアリかなと思っています。