クラウド上に構築したシステムで防災訓練を可能にするサービス

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

本日は、今月初めにマイクロソフト社が発表した「Azure Chaos Studio」のパブリック・プレビュー版について取り上げます。

公式の発表はこちら。(英語)

Announcing the Public Preview of Azure Chaos Studio

Read the rest of this entry »

taspoがFOMAのサービス終了に伴って2025年度末でサービス終了

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

今回は、先週10月8日に一般社団法人日本たばこ協会が発表した、20歳未満の喫煙防止のためのサービスであるtaspoが終了するというニュースを取り上げます。

先週10月8日に一般社団法人日本たばこ協会(略してTIOJ)がtaspoのサービスを終了するというプレスリリースを出しました。

そのプレスリリースはこちらです。(PDF)
「成人識別たばこ自動販売機システム(taspo)」のサービス終了及び今後の運営について

Read the rest of this entry »

接触確認アプリ「COCOA」の不具合調査報告書を読んでみた

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

今回は先月に引き続き、昨年2020年の6月に厚生労働省がリリースした接触確認アプリCOCOAを取り上げたいと思います。

先月も取り上げたばかりなので、正直どうしようかなと思ったのですが、実は厚生労働省がCOCOA 不具合調査・再発防止策検討チームを組織して一連の問題について調査していまして、4月16日に調査結果を公表しましたので、それを読んで感じたことを書こうと思います。

Read the rest of this entry »

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

プロジェクトが失敗したり
何とかやり遂げたけれども
炎上して大変な思いをした時、
プロジェクトの反省会が行われることがあります。

もちろんそれは大切なことですが、
プロジェクトが成功した時でも
反省会は成長をもたらしてくれます。

Read the rest of this entry »

東京証券取引所のトラブルに思う

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

去る10月1日、
東京証券取引所のシステム障害で
全銘柄の取引が終日停止されました。
今回は、システム開発経験者として
思うところを書いてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

全体リスクと個別リスク

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

リスク管理について学んでいると、
全体リスクと個別リスク(あるいは部分リスク、または原因リスク)
という言葉に出会います。
ところが、あるWebサイトで
全体リスクの説明に違和感を覚えたので
今回はそのことについて書きたいと思います。

Read the rest of this entry »

飲食店の新型コロナ対策にも濃淡

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

4月に出された緊急事態宣言が解除された今でも、
外出、外食を控えがちだと思いますが、
お世話になっている飲食店には
積極的に訪問したいと思っています。

Read the rest of this entry »

適材適所か 成長重視か

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

人の配置は適材適所が良いと言われます。
また一方で、長期的なことを考えれば
人材の教育・育成もまた必要なことです。

ところが、適材適所と教育・育成が
真逆のことをやろうとしているということが
あまり意識されていない気がしています。

Read the rest of this entry »

平時のマネジメントと戦時のマネジメント(後編)

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

新型ウイルスに感染しているのかの検査を
受けたいのに受けさせてくれない
という声が聞こえてきています。

この問題について、前回に引き続き、
プロジェクトマネジメントの切り口で
見てみましょう。

Read the rest of this entry »

平時のマネジメントと戦時のマネジメント(前編)

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

新型コロナウイルス感染拡大防止策として
今日から公立学校の臨時休業という
前代未聞の措置が取られています。

一定の理解はできるものの、
やりすぎではないかと感じる面もあります。
中には、政府のパフォーマンスではないか
といった批判の声も聞こえてきています。

Read the rest of this entry »