接触確認アプリ「COCOA」の不具合調査報告書を読んでみた

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

今回は先月に引き続き、昨年2020年の6月に厚生労働省がリリースした接触確認アプリCOCOAを取り上げたいと思います。

先月も取り上げたばかりなので、正直どうしようかなと思ったのですが、実は厚生労働省がCOCOA 不具合調査・再発防止策検討チームを組織して一連の問題について調査していまして、4月16日に調査結果を公表しましたので、それを読んで感じたことを書こうと思います。

Read the rest of this entry »

タスクが溢れて忙しい現場

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

前回は、メンバーに能力差のあるチームで
かんばんボードを導入したらどうなるか
ということについて書きました。

今回はその流れで、タスクの偏りと
それを解消する手段としての
かんばんボードの性質について
考えてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

メンバー構成に応じたタスク管理方式

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

前回、前々回とかんばんボードの話の中で
うまくいく時とうまくいかない時がある
ということを書きました。

では、どうしたらうまくいくのか
その条件について少し考察したので
今回はまた別の角度から、
かんばんボードについて書きます。

別の角度というのは、能力差、
あるいはスキル差という観点です。

Read the rest of this entry »

タスク管理定着への三大障害

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

前回、かんばんボードを使った
タスク管理について説明しました。
今回はタスク管理が定着を妨げる3大障害について
深掘りしたいと思います。

Read the rest of this entry »

かんばんボードとカンバン方式は無関係?

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

何年も前にこのブログで
かんばんボードを使ったタスク管理
について書いたことがあります。

つい最近まで、かんばんボードは
トヨタ生産方式を応用した手法だと思っていたのですが、
どうもそうではなかったようです。

Read the rest of this entry »

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

プロジェクトが失敗したり
何とかやり遂げたけれども
炎上して大変な思いをした時、
プロジェクトの反省会が行われることがあります。

もちろんそれは大切なことですが、
プロジェクトが成功した時でも
反省会は成長をもたらしてくれます。

Read the rest of this entry »

新しい手法で結果が出ない理由

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

プロジェクトに限らず
ビジネスではよくフレームワークが登場します。
ところが、新しいフレームワークを試したが
思うような成果が出せないということがあります。

フレームワークやツール、整理法などを
ここではまとめて「手法」と呼ぶことにします。

Read the rest of this entry »

リモートワークを言い訳にするな

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

このコロナ禍において、
急に在宅勤務体制に舵を切った会社は多いと思います。
一方で感染症が一定の落ち着きを見せた今、
オフィス勤務体制に再び舵を切った会社も
現れていると聞きます。

Read the rest of this entry »

適材適所か 成長重視か

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

人の配置は適材適所が良いと言われます。
また一方で、長期的なことを考えれば
人材の教育・育成もまた必要なことです。

ところが、適材適所と教育・育成が
真逆のことをやろうとしているということが
あまり意識されていない気がしています。

Read the rest of this entry »

会議が多くて作業する時間がない

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

このコロナ禍で在宅ワークが増え、
様々な会議がオンラインになったという方も多いと思いますが、
いくら時間を有効に使えるようになったとはいえ、
会議が多いという悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。

近年では会議術の書籍も溢れていますが、
それはある組織での成功パターンに過ぎないことが多く
参考にできてもそのまま適用できるものではないと考えています。
よって、ここで書くことも
そのようなものであると考えていただきたいです。

Read the rest of this entry »