発言の真意


クロスイデアスタッフの吉田沙枝です。

最近、職場の人間関係が深まってきているのを感じています。仲良くなった人とランチしたり、夕飯を食べに行く機会があったり、フリーアドレスでたまたま隣に座った人とも冗談を言えたりするようになりました。
Read the rest of this entry »

基本情報技術者試験と情報セキュリティマネジメント試験が2023年度から通年実施へ

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施している情報処理技術者試験において、2023年度から基本情報技術者試験と情報セキュリティマネジメント試験の2区分を通年実施すると発表しました。

公式のニュースリリースはこちら。

基本情報技術者試験と情報セキュリティマネジメント試験を通年試験化~試験時間の短縮、プログラミング的思考力の重視など出題形式・出題範囲も変更~
(2022/4/25 独立行政法人情報処理推進機構)

Read the rest of this entry »

大学入学共通テスト、カンニングは防げるか

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

先月行われた大学入学共通テストで、試験時間中に問題が外部に流出したという事件が発生しました。今回はこのニュースを取り上げ、カンニングを防ぐ手立てを考察してみたいと思います。

ニュース記事は様々なメディアに掲載されていますので、代表的なものを一つリンクしておきます。

電子機器進化に対策追いつかず 後絶たぬカンニング(2022/1/29 THE SANKEI NEWS)

Read the rest of this entry »

学校のスタイルを変えるかもしれない「教育データ利活用」

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

1月7日に、デジタル庁が「教育データ利活用ロードマップ」なるものを公開したという話題を取り上げます。

デジタル庁のお知らせはこちら。

教育データ利活用ロードマップを策定しました

Read the rest of this entry »

ゲーム開発会社のセガが社内向け数学教材を無料公開

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

先月6月の15日、セガ公式のSEGA TECH BLOGに、社内での勉強会用の資料が無料で公開されました。これは、セガの公式ツイッターでもシェアされていて、3万件以上「いいね」がされているので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

その記事がこちら。
https://techblog.sega.jp/entry/2021/06/15/100000

Read the rest of this entry »

ITエンジニアはどのプログラミング言語で勝負すべきか

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

先日6月7日に TECH+ に掲載されていた記事ですが、プログラミング言語のランク付けを行うTIOBEインデックスの2021年6月版が公開されまして、第1位がC言語だったんですけれども、第2位がPythonで、1位との差がごくわずかだったということです。

ニュース記事はこちら。
Pythonが1位のC言語に僅差、TIOBEプログラミング言語ランキング

Read the rest of this entry »

適材適所か 成長重視か

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

人の配置は適材適所が良いと言われます。
また一方で、長期的なことを考えれば
人材の教育・育成もまた必要なことです。

ところが、適材適所と教育・育成が
真逆のことをやろうとしているということが
あまり意識されていない気がしています。

Read the rest of this entry »

「冷やし中華でいいよ」にムカついたら読む話

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

東京も梅雨入りしましたが
一方で暑い日も続き
お店でも冷やし中華を見かけるようになりました。

Read the rest of this entry »

コロナ禍を炎上プロジェクトに重ね合わせてみた

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

今月に入って子供たちの学校生活が徐々に始まりまして、
今日から分散登校でも分散授業でもない
本当に今まで通りの学校生活がいよいよ始まります。

Read the rest of this entry »

9月入学切替えのインパクトを考える

プロジェクトオーガナイザの吉田聖書よしだみふみです。

公立学校の一斉休校が3月に始まって
早くも2か月が経過しました。
我が家にも小学生が二人いますが、
流石に飽きてきたようで
早く授業が再開されることを望みます。

Read the rest of this entry »