2016年多く読まれた記事トップ3


早いもので2016年も最後の1日となってしまいました。振り返ってみると今年はブログの投稿数が例年に比べて少なかったのですが、今年執筆した記事で良く読まれた記事トップ3を見てみましょう。

◆1位 「世界で一番やさしい会議の教科書」榊巻亮 著

2016年 1月 17日

知り合いのコンサルタント榊巻さんの著書の書評です。会議のファシリテーションについて書かれたものですが、各章ごとにストーリーとまとめが展開されるので大変読みやすく、ストーリー部分は漫画で描かれているので若手のビジネスパーソンにはお勧めです。絵柄は好みが分かれるかもしれませんね。

◆2位 プロセス・マッピングを用いたWBSの作り方

2016年 9月 28日

こちらはシルバーウィーク特集としてWBSについて執筆した記事の1つです。WBSの作り方というのはあまり参考になるものが無く、私自身が実際の業務で試行錯誤して作った過程をまとめて記事にしました。こちらは思ったより好評でしたので来年は続編を書こうかと考えています。

◆3位 ビジネスモデルキャンバスの威力を体験してきました

2016年 7月 9日

こちらはITコーディネータ協会が主催している集合研修に参加しての感想です。初めてビジネスモデルキャンバス(BMC)に触れ、その面白さに心を動かされました。もともとこの研修はBMCをコンサルティングに活用する目的として設計されたもののようでしたが、それを私は自分の会社のビジネスを見直すために使いました。

そして厚かましくも弊社のビジネスモデルをBMCに落とし込んで講師の方に添削をしていただき、おかげさまで弊社のサイトをリニューアルすることができました。そのことを講師の方がブログ記事にしてくださったのでご紹介します。

行動につながる学び方 ~アイディアを可視化し、他人に伝えてブラッシュアップする~

今年は弊社にとっても環境に変化のあった年でしたが、何よりも自社のビジネスを見直すことができたということが一番有益だったのではないかと感じています。

来年は心を入れ替えてもうちょっと投稿の頻度を上げたいと思います。皆様どうぞ良い年をお迎えください。